T-CEP2024 参加お申し込みはこちら

講師紹介

顧問

森 勇介

大阪大学大学院工学研究科教授
(株)創晶グループ代表取締役

 
 

プロフィール

平成元年、大阪大学工学部を卒業。平成3年、大阪大学大学院工学研究科を修了。
その後、大阪大学の助手、講師、助教授を経て、平成19年に教授に就任。

結晶に関連する研究成果の事業化のために、平成17年に創晶、平成28年に創晶超光を起業。平成25年に起業した創晶應心はカウンセリングを手掛ける大学発の異色ベンチャーで心理学的アプローチによる創造力の活性化を提唱。

熊野 正樹

神戸大学産官学連携本部 教授
アントレプレナーシップセンター長
 
 

プロフィール

同志社大学卒業後、銀行、コンサルティング会社、TV番組制作会社、IT上場ベンチャーを経て2005年に起業。同志社大学商学部専任講師、崇城大学総合教育センター准教授を歴任。2016年6月より現職。福岡市国家戦略特区指定法人評価委員会委員長。

CQベンチャーズ投資委員。一般社団法人QU Ventures代表理事。経済産業省「University Venture Grand Prix 2015 」最優秀教員賞受賞。内閣府「第2回日本オープンイノベーション大賞」文部科学大臣賞受賞(2020年)。

講師

後藤 匡史

株式会社シナプス 代表取締役社長

プロフィール

マーケティング・コンサルタントとして、化粧品、外食、エンターテイメント、メディア、サービス、精密機器、電子機器、電気部品、医療機器、農業など数多くの領域を支援。
多くの企業が陥る「顧客不在の戦略立案・実行」に対して提言し、真のニーズを中心とした組織へと生まれ変わらせることをミッションとして活動。

近年は、特に新規事業領域のコンサルティング・ワークショップを手がけ、企業の新規事業立ち上げを支援、顧客の本質ニーズをつかむ「VOC経営」を提唱し、顧客起点の経営を実践支援している。

北條 明宏

北條公会計士・税理士事務所代表/公認会計士認/税理士
フューチャーベンチャキャピタル株式会社 社外取締役
株式会社ハカルスCFO兼取締役株式会社坂ノ途中 監査役

プロフィール

関西外国語大学卒業アコム(株)に5年間勤務の後、公認会計士を1発合格し、有限責任監査法人トーマツ入所。
大手金融機関、地域金融機関、信用金庫、ノンバンク、大手リース会社等を含む金融機関に対する会計監査業務に従事。
その他、系統金融機関への自己査定支援業務やデータアナリティクスを従事。
デューデリジェンス、自己査定研修や経理研修等の講師経験を経験した後、トーマツベンチャーサポートのメンバーとしてベンチャー企業の経営管理体制の構築に関するコンサルティング業務に従事。その後独立し、ベンチャー企業に特化した会計事務所を設立。

現在JASDAQ上場フューチャーベンチャキャピタル㈱の社外取締役及び、AIベンチャーやオーガニック野菜のECプラットフォーム2社のベンチャー企業の役員を兼務している。

竹枝 正樹

株式会社Co-learning 代表取締役
 

プロフィール

マツダ株式会社(知的財産・法務部門)にて権利活用ビジネス、ナレッジマネジメント、模倣品対策等に従事した後、組織・人財開発コンサルティング会社へ転じ、製薬、電機、重工、化学、金融、IT、インフラなど大手企業の制度設計、教育研修等の企画・実施、講師育成業務に従事。

その後独立し、コンサルティング会社、雇用政策(厚生労働省)事業の運営会社、人材紹介会社など、複数社の共同設立者および取締役を歴任。
現在は、新規事業開発・次世代リーダー育成を軸に、インキュベーション支援・企業内新規事業創出支援(仕組みやコンテンツの開発)、ITエンジニア・研修講師育成など幅広くを行う。
法学修士、経営学修士

伏原 和久

マイキャン・テクノロジーズ株式会社 COO
 

プロフィール

東北大学大学院工学研究科修士卒業後、住友ゴム工業株式会社にて研究開発に従事。タイヤ用材料、スポーツ用品の材料開発を担当し、研究開発マネジメントを行う。

2020年からマイキャン・テクノロジーズにてCOO兼CFOとして資金調達・組織開発・人材育成に携わり、現在はCOOとして事業運営全般、特に新規事業開発に注力している。

技術顧問

潮 尚之

ITPC 代表
 

プロフィール

シリコンバレー及び東京を拠点として、米国の有望なベンチャー企業の発掘と日本進出のサポート、オープンイノベーションを推進する日本企業のベンチャー企業との協業サポートなど、インターナショナル・ビジネスデベロップメントの専門家として活動中。専門分野はオートモーティブ、セキュリティ、画像処理、センサ、デバイス、IoT、AgTech、InsurTech及びモノづくりなど。

また、NEDO-TCP、III未来、けいはんなリサーチコンプレックスなどのメンターや、大阪府立大学EDGEプログラム・シリコンバレー代表、東京大学TLOアドバイザ、関西大学SmartFinderプロジェクト・アドバイザなどを務め、産官学連携推進、大学発技術ベンチャーの事業化及び日本の中小企業の米国進出なども支援。

2006年に独立するまでは、松下電器産業(現パナソニック)において、様々なビジネス・技術分野でのグローバルな事業開発やアライアンスを推進。米国(シリコンバレー及びプリンストン)駐在時には、ベンチャー企業や大学との技術連携推進の責任者を担当。慶応義塾大学文学部人間科学専攻卒。

プロデューサー

吉川 正晃

(株)Human Hub Japan 代表
元 大阪市経済戦略局 理事

プロフィール

大阪市のイノベーション施策担当(大阪イノベーションハブ、トップランナーなど)。関西経済同友会メンター制度、大企業新規事業担当者コミュティー設立、「イノベーション拠点創出補助金」創設にも関与。民間公募採用。民間時代は、社内新事業(コンピュータやソフトの開発・製造・販売)を主に経験。子会社での経営経験や国内外の大学研究機関との連携経験を持つ。

Forbes(Japan)の「88人のローカルイノベータ」(2017年)の一人に選出された。現在は、阪急阪神不動産(株)、(社)日本スタートアップ支援協会、ベンチャー企業などの顧問を務める。中小企業診断士。